リスク&コンプライアンスに戻る
Language: 英語

継続的なモニタリング

顧客のプロファイルは時間と共に変化します。そのため企業はその取引関係を継続的にモニタリングすることが求められます。顧客のリスクプロファイルの変化により、自社がコンプライアンス違反や風評被害を受ける可能性を確認する必要があります。

お問い合わせ
継続的なモニタリング

継続的なモニタリングとは、取引先の現在の状況を確実に把握するための措置を講じると同時に、取引が適切なもので、本来のビジネスの目的に適ったものであるか、精査することを意味しています。

多くの企業が、公的要人(PEP)のステータスや制裁状況の変化、新たな不芳報道(アドバーズメディア)などに対して、すべての顧客を定期的にスクリーニングするためのプロセスを自動化したいと考えています。同時に特定の事象が発生した場合の深掘り調査の実施も必要です。

ダウ・ジョーンズがお手伝いいたします

Webベースでのスクリーニングとモニタリング

Webベースでのスクリーニングとモニタリング

各国の規制当局は、人為的ミスを減らすために、自動化された継続的なモニタリングの利用を推奨しています。ダウ・ジョーンズ Screening & Monitoringでは、同ツール上に提供された顧客や取引先に関する情報を基に、ダウ・ジョーンズのリスクコンテンツに対して一括のスクリーニング作業(バッチスクリーニング)を実施します。実質的支配者やPEP、制裁対象者などのステータスやプロファイルの変化を識別し、またネガティブニュースに対する継続的なスクリーニングを実行することができます。

詳細はこちら

わずか24時間でセットアップを完了

わずか24時間でセットアップを完了

迅速に運用を開始する必要がある場合、インストール型のシステムに代わり、安全なWebベースのツールは非常に有効な選択肢となります。

独自のスクリーニングルールの設定

独自のスクリーニングルールの設定

ファジーマッチングやマッチ率スコアなどの設定が可能な検索アルゴリズムを利用することで、より関連性の高い実用的な結果が得られます。

ベストプラクティスをサポートするワークフロー設定

ベストプラクティスをサポートするワークフロー設定

特定の事業分野や事業対象地域、担当者などに基づく取引先モニタリンググループを設定し、アラートの重複を防ぐようデザインされたスクリーニングケースを登録。発行されるリスクアラートの処理フローの設定により、リスクを効果的に管理できます。

先進のAPI

先進のAPI

顧客数が多い場合、ダウ・ジョーンズのスクリーニング機能とデータセットを自社のコアシステムに統合することが検討できます。APIを利用すると、データをソースシステムに取り込む際に、自動モニタリングのレベルと頻度をさらに柔軟に設定できるようになります。

詳細はこちら
データフィード

データフィード

ダウ・ジョーンズのデータは150以上のソフトウェアプラットフォームに統合されており、要件に合致したインターフェイスやフォーマットでデータを活用することが可能です。

詳細はこちら

継続的なモニタリングに
関するお問い合わせ